SEOや風評被害対策などのシステム開発は、専門業者に依頼するのが主流です。

現代のシステム開発

システム開発のイメージ
システム開発という言葉を聞くと、専門的で難しく、コストもかかるというイメージを持ち、敬遠してしまう方も多いのではないでしょうか。

 

「SEO対策は個人のアフィリエイターや実績のない中小企業」
「誹謗中傷対策は、大企業や急成長中のベンチャー企業」

 

システム開発はこのような利用顧客のイメージを持たれがちで、実際にこの業界の顧客は上記の傾向が強いです。
しかし最近では、これらのサービスを大企業から個人ユーザーまで幅広い方が利用しています。

 

 

 

大企業でもSEO対策で業者を入れる時代

SEOのイメージ
知名度抜群の大企業はSEO対策をしなくても必然的に検索エンジンの上位表示を勝ち取れる傾向があります。
特に主力商品やネットで人気の実績あるサービスはグーグルのアルゴリズムに好まれてます。
一見、SEO対策の必要性がなさそうな大手企業も業者を入れてSEO対策に取り込む傾向が強まっています。

 

大手は競合他社よりも上位表示される事にこだわる

本来、SEO対策は主要キーワードでは1ページ目表示(10位以内)を目指し、サブワードを含めたりマイナーなキーワードでは1位や2位を目指します。
しかし、大企業の主力商品の場合は他社と比較して上か下かが重要です。

 

参考記事:業者への依頼には電話ではなく申し込みフォームを使うべき理由

 

例えば「ハンバーガー」というキーワードで検索すると、上位には誰もが知っている大手チェーン店が名を連ねます。
その中でも、どこのハンバーガーショップが上にいるのか?ライバル企業より上か下かが、企業イメージや商品イメージにつながります。
例えば、A社の方がB社よりも拠点数や売上、成長率も高いのに検索エンジンではB社に負けていた場合、ネットユーザーはA社よりB社の方が上というイメージを持たれます。

 

このように、検索順位はその商品やサービスのブランド力に直結するものとして、重要視する大企業が増えています。

 

>>会社の業務効率を改善するシステムを導入するには?

 

 

大企業に限らず中小企業や個人事業主にとってもSEOは必要不可欠であり、最近では特定の地域に絞ってSEO対策を施す専門業者も増えてきています。

 

宮崎限定ホームページ制作【てげ得!格安プラン】株式会社GoA

 

全国規模ではなく、特定の地域のみをターゲットにしている企業にとっては、ターゲットとなる地域で検索順位が上がるノウハウを熟知している専門業者の存在が重要視される傾向にあります。

 

 

風評被害対策は個人からの依頼も多い

検索エンジンのイメージ
グーグルなどの検索エンジンで、自分自信の名前を検索した事はありませんか?
会社の社長や敏腕営業マンなど、名前が売れている人は自分自身の事がネットに掲載されている事も増えてきます。

 

しかし、その中で悪評がネットに掲載されてしまうと厄介です。
特に、スキャンダル不正、中には風説の流布で事実無根の情報がネットに出回ってしまう事もあります。

 

社会人として、誰でも失敗はあります。
一度道を踏み外しても、その後誠実に頑張ったり、謝罪や必要なペナルティを受けてケジメを付けたりすれば人は誰でもやり直す事ができます。

 

しかし、本人は過去と比べて変わる事ができてもネットの情報は対策を取らないと残り続けてしまいます。
こうした悪評を第三者が見ると環境が変わって新しく出会う方からも悪い印象を持たれてしまいます。

 

もし、インターネット上で風評被害に遭っているのであれば個人で解決しようとせずに専門の業者や機関に一度相談してみることをおすすめします。

 

 

 

TOPへ